乳児の顔面のアトピー

 

 

診方・考え方

@両頬に赤みが強い、炎症がありますが、かき傷が認められないので、程度は軽いです。
A頭皮にわずかに痴皮がある、シャンプーに問題があります。したがって全身のスキンケアも問題かもしれません。
B上胸部に赤い湿疹が存在している、皮疹は多いですが、かきむしってる形跡がないです。
以上、痒さが甚だしいとはいえず、アトピー性皮膚炎とはいいがたいです。
年齢が生後3ヵ月前後であれば脂漏性湿疹として治療を開始します。

 

 

治療のポイント

@顔面
朝はやさしく拭いて、入浴時にもやさしく洗い、やさしく拭きます。
次いで保湿用ローションを塗って紅斑の強い部分にはキンダヘート軟膏を薄く重ねます。
A頭皮
1日1回入浴時にベビー用頭髪シャンプーで洗髪させます。
その後パスタロンローションを薄く塗ります。
B上胸部
状況によって痒くなると思われます。
朝と入浴後に保湿用ローションを塗ってそれにヒルドイドソフト軟膏を薄く重ねます。
1〜2週間後に再審して軽快を確認したら重曹している外用剤をさらに薄めるか使用回数を入浴後のみに減らします。
ただし、保湿用ローションはそのまま継続します。

 

 

母親への対応

症状からはアトピー性皮膚炎と診断しえないと説明します。
しかし、軽快後あらためて痒さを伴った皮疹があちこちに現れ始めた場合には要注意ですので、その際には必ず受診するようにすすめます。
頭皮の軽い症状には、スキンケアの方法に問題があることが多いので改善のアドバイスをします。